MHW 全武器のオススメガード性能 範囲・ノックバック・威力値・ガード強化・ヘビィボウガンシールド性能一覧説明まとめ モンハンワールド

モンスターハンターワールドにおける
ガード性能に関して検証しましたので
詳細をまとめました。

個人での検証の為、数値に若干の誤差がある可能性があります。

ガード性能が付く防具はコチラ
「ガード性能」スキル詳細 防具・護石・装飾品

動画で説明

ご視聴の機器によっては音声が
小さく聞こえる場合があります。

また、若干のノイズが発生している場合があります。

ノックバック説明

ノックバックは攻撃をガードで受けた際に
後ろに仰け反る動きの事で、大の場合ですと
連続攻撃ではダメージを受けてしまう場合があります。

逆に小の場合には攻撃をほぼ受けずに
その場に留まり即反撃が可能となります。


特にランスなどの納刀をせずに戦う武器では
ノックバック大は致命的になります。

このノックバックは武器種により細かく設定されています。

ノックバック軽減表

各モンスターの攻撃で威力値(攻撃力とは別)が
設定されており、武器種により軽減していきます。

特にランス・ガンランスは優秀です。

モンスターの威力値

古龍の威力値になります。
特に注目したいのがメイン攻撃
威力値が60の部分が多い点です。

その為、ここを一つの基準として
ガード性能を付ける事が目安になります。
*歴戦や状態によって変化する可能性があります。

ヘビィシールドの検証

ヘビィボウガンの強化パーツの
シールドにガード性能は影響します。

各武器種のガード値から逆算した数値がこちらです。


*片手剣に関しては過去作は20でしたが恐らく25

シールドは武器種のカテゴリーを選択
ガード性能はそのままガード値に影響となります。

シールド1では片手剣と同じカテゴリー
シールド2では大剣と同じカテゴリー
シールド3ではランスと同じカテゴリーです。

ガード強化とは

次にガード強化ですがガード性能のように
威力値を軽減する能力は一切ありません。

能力の内容は通常ではガード出来ない攻撃
ガード出来るようにするスキル
です。


捕食攻撃はガード強化を付けても
ガード出来ない場合が多いです。

その為、モンスターによっては完全に
死にスキルになりますので別のスキルに
入れ替えが可能になります。

ガード範囲

各武器にはガードが可能な範囲が設定されています。

左右からの攻撃や上からの攻撃の場合には
ガードの範囲を見極める必要があります。

威力値とガード性能

ガード性能のスキル詳細

ガード性能は大きく分けて2つに分れます。
一つがスタミナ軽減、もう一つがガード値補正です。

レベル1・3・5でガード値が各+10(最大+30)
レベル2・4・5でスタミナの軽減が発生します。

また大剣やチャージアックスは
刀身でガードを行うので切れ味が低下します。
これはノックバックの大きさでも異なります。

チャージアックスに関しては強化状態になると
ガード性能がかなり高くなります。

各武器にオススメのガード性能

上記の内容を加味した上でオススメの
ガード性能は下記の表の通りになります。


コメントを残す